2013年03月01日

女性の起業、応援します!

てくまりんぼ原田奈美子です。

最近、若い女性の起業が多くなってるそうですね。

・・・そうですねって言うのは、テレビの人が言ってたのでそんな言い方しか出来ないのですが(^^;)

最近のワールドビジネスサテライトで特集が組まれていました。

リストラされたって言う声も多いし就職が決まらない若い人も多い。

じゃあ、自分でやろう!と思う人が増えるのはとても頼もしいです。

わたくし、大賛成です。

結婚したって、子供が出来たって自己表現の場として起業は最適だと思うのです。

勤めている時には見えなかった色んな事が見えて来ますよ。確実に世界が広がります。

私が起業した2000年頃と比べてみても女性が起業する事に対するハードルはうんと低くなったのでは無いでしょうか。

今までとても多くの回数、起業を目指す方のためのセミナーで講演させて頂きましたが、その受講者の方の顔ぶれを見ても女性の方が増えた事を実感出来ます。

そうか・・・テレビの話の前に自分で実感している事に今、気づきました(笑)

起業を目指す女性へ。

セミナーの機会で無くても私のお答え出来る事があれば何でもお答えします。
コメントの形で頂ければと思います。

特に既婚女性の起業となると色々背負うものも多いと思いますし、仕事の事だけ考えている事は出来ない状況の方が大半だと思います。

家事との両立。育児の事、介護の事、地域の事・・・・

本当に色々な事があります。

でもそれを単にハードル、と思うのか人間力を深めるために必要なものと思うのかによって気持ちは全く違ってくると思います。同じ現状ですが、捉え方は色々ですよね。

せっかく女性に生まれて来たのだから、しなやかに生きたいですよね。

てくまりんぼ誕生物語と言うものを数年前に書きました。起業を目指す方には是非読んで頂きたいと思っています。
http://marinbo.seesaa.net/




posted by まりんぼ at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 起業家として | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月24日

素敵な仲間たち

てくまりんぼ原田奈美子です。

今、MAIDO-internationalと言うところで経営のお勉強をさせて頂いています。
http://www.joywow.jp/information/archives/2446

先日DAY5が終了しました。

画像はその懇親会終了後の写真です。

maid.jpg

MAIDO-internationalの旗まであるんですよ〜。


いや〜、いいですね。素敵な仲間がたくさん出来ました。

”自分以外”は本当に知的な方達です。大阪弁で言う『かしこ』です(笑)

講師は大好きな阪本啓一さん。けーちゃん先生です^^

毎回とても刺激的なお話であっと言う間に時間が経ってしまいます。


ちゃんと毎回復習して経営に生かしたいと強く思っています。

生かせないと参加している意味ないしね(^^;)






posted by まりんぼ at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 起業家として | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

働くママを応援します!

女性起業家セミナー『起業で拓くあなたの幸せな未来』で
お話させて頂く事になりました。

http://marinbo.com/marinbo.pdf


私の昔からの思いに「働くママを応援したい」と言うのがあります。

働くママを応援したい・・・

自分の起業当時からの夢です。
スタッフは働くママ達だらけなのでそれはそれで良いのですが、もっと
もっとたくさんの働きたいのに躊躇している女性達の力になりたい・・・

少しでもお役に立てるようにお話をさせて頂きたいと思っています。

頑張ります!!

以上、ご報告でした♪
posted by まりんぼ at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 起業家として | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

師匠

私が勝手に師匠と思って目標にしている方がおふたりいらっしゃい
ます。

おひとり目【株式会社サワーコーポレーション】の社長さん
http://www.sawa-corp.co.jp/jpn/profile/profile.htm

起業を目指して勉強していた頃、あるセミナーでお話を伺った
時、そのお話の内容、誠実なお人柄にとても感動しました。

「地球のために企業は存在しないと存続意味がない」と熱く語られて
いました。

たくさんの勇気を頂きました。
今でも澤入社長の創業時のご苦労のお話を思い出して、自分はまだまだだな、
と思う事がたくさんあります。

あんな愛のある社長になれたらどんなに素敵だろうと思います。

もうおひとりは神戸異人館ウエディングに草分け的存在の打間奈津子
先生。
http://www.damanatsuko.com/

この方にはいくら感謝しても感謝仕切れません。

大阪府の新規事業認定システムで『テイクオフ21』と言うのが
あるのですが、その審査員としていらっしゃっていました。
http://www.mydome.jp/takeoff/index.html#03

私のビジネスを他の審査員の先生は認めて下さらなかった中で
打間社長だけが強く推して下さって、他の審査員の先生を説得して
下さって、お陰で助成金を頂く事が出来ました。

起業時、一番しんどい時に「頑張りなさい」と励まして下さった
社長さんです。

あの時の「頑張りなさい」の声が今でも心に響いています。

まだまだおふたりの足元にも及ばない私ですが、私の心の師匠と
していつまでも心の中で光り輝いていらっしゃいます。



posted by まりんぼ at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 起業家として | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

てく・まりんぼ原田の経歴

てく・まりんぼ原田奈美子の経歴

大阪モード学園ファッションデザイン学部卒業。

卒業制作のショーは黒地にビーズと刺繍をたくさんあしらい、裾はアシメトリーにカットして、
黒のオーガンジーのフリルで華やかに飾ったドレスを作りました。それが、みごと入賞。

このドレス制作がドレスデザイナーとして今の仕事をするきっかけになったような気がします。

卒業後、皇室紀宮様の衣装制作スタッフとして3年半勤務しました。

主に当時の美智子妃殿下と紀宮様に提出するデザイン画を描く仕事をしていました。

紀宮様ではなく、美智子様のお好みを把握して、シーズンごとにデザイン画を何点もお出し
してその中から選んで頂く、という訳です。

また同じチーム内でデザインのご提案から、パターン、生地の裁断、縫製から皇室にお納め
するまでをすべて行っていました。

少しのミスも許されない厳しい職場で、オーダーというものに対しての基礎を学びました。

その後、婦人服デザイナーとして某商社に勤務してたくさんのアイテムを担当しました。

数ある婦人服のアイテムの中でもウエディングドレスというアイテムは、女性としてデザイ
ナーになった以上は扱ってみたいもののひとつです。

自分のウエディングドレスを作ったのをきっかけに、友人や知り合いに頼まれて、たくさん
ウエディングドレスを作ってきました。

みなさんの喜ぶ顔をみるうちに、これが自分の天職なのかもしれない、と思うようになり、
2001年企業内デザイナーを卒業し独立、ウエディング工房てく・まりんぼを設立しました。

あの卒業制作のドレスを作ったときから、デザイナーとして今年で25年になります。

その間、結婚してふたりの子供ももうけましたが、仕事をやめようと思ったことは一度も
ありません。

これからもパワフルにハッピーに仕事を続けて行きたいと思っています。
posted by まりんぼ at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 起業家として | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月07日

経営革新

起業して7年目に入りました。

毎年、劇的に変化してきた会社ですが、ここらでもう1ステップアップ
してみたいと思うようになってきました。

『経営革新』の認定にチャレンジしてみようと思っています。

認定起業になると色々な行政の支援策があるようです。(実は良く分かっていません)

経営者として現状維持が一番恐い、といつも思っています。

現状維持はイコール停滞を意味すると思うからです。

今、私は44才。
47才になった時、大成功!していたいと強く思っています。

ここだけの話「金スマ」に出るのが夢です。

あー、言っちゃった。
posted by まりんぼ at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 起業家として | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月03日

効率化と非効率化

今年の3月位にどなたかのメルマガで読んで感動してノートに書き写した文章。

商売を行うものとして心しておかなければならない内容だと思いま
した。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

【効率化と非効率化】

お客様に見えないバックヤードや商品部門などの「裏」にあたる
部門は、時間も人も金も徹底的に効率化しなければならない。

しかし、お客様を相手にする「表」(店頭)では徹底的に非効率
でいい。

お客様に時間をかけて商品を説明し、徹底的にサービスし、納得
して買ってもらう「表」で手抜きをしてはいけない。

その表裏があって初めて商売が成り立つ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

業務効率を目指すあまり、お客様の目にみえる部分まで効率化を
目指してしまってはいけないと、このメルマガを読んで心に誓い
ました。
posted by まりんぼ at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 起業家として | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。