2012年04月27日

繊維のにおいと共に生きる【第2話】

子供の頃の写真を見ると私と4歳下の妹の着ている服はほぼ100%母の手作り服です。

驚くほど色んなデザインの服があります。
ワンピースでもスーツでも何でも作っちゃう母は当時当たり前(^^;)と思っていましたが良く考えるとすごい人だと言う事に最近気が付きました(笑)

基本、母は型紙は引けません。雰囲気で生地を裁断して雰囲気で縫い上げてしまうのです。

有り得ません。4年間洋服の勉強をした私ですが、はっきり言って「私には無理」です。

しかもきっちり体に沿ったスーツが仕上がるのです。しかも可愛い。

何かを縫っている母の姿が子供の頃の原風景にあります。

紳士服の工場と小売店をいくつも経営していた父の手伝いとして家で直しやネーム付けなどもやっていたと思います。

私の小学校1年生の1学期までは大阪府の守口市と言うところに住んでいました。

父が大阪に出て来て稼いだお金で建てた家です。

父の商売は非常に順調でどんどん従業員も店も増えて行きました。

それで今度は大阪府枚方市(ひらかたし)の『くずは』と言う所に大きな家を買う事になりました。

引っ越した最初の日の光景をなぜか今でも良く憶えています。

母と妹と弟と私、4人でお風呂に入っている光景。前の家と比べてお風呂も大きくなったので4人で入るのも楽勝だったのでしょうね。今でも憶えていると言うのはそれが嬉しかったのかもしれません。

もうひとつは、1階の座敷で従業員さん達を集めて開いた大宴会の光景。

2つの和室をつなげてテーブルを並べて、母手作りのご馳走が並び、ビールも並び、そこに座って談笑している沢山のお兄ちゃん達。

お酒に酔ったお兄ちゃん達が大暴れしていた光景、父と私も入って開かれた賭博場(笑)、ビールの匂い。

1万円札を小さく正方形に折りたたんで耳に挟むんですよ。賭博の時って。

その方法を6歳の私に教える父も父です(^^;)

私はそのお兄ちゃん達に「奈美ちゃん」と呼ばれていました。

でも考えてみると我がままになるはずですよね〜。

こんなお嬢様生活していたんですから。

でもいい事はいつまでも続きません。昭和48年、オイルショックが私達のすべてを変えました。

(第3話に続く)


☆おまけのお話☆
1万円札を耳に挟む話を書きましたが、当然の事ながら母はその事をものすごーく嫌がっていました。

おとなしい、父には絶対逆らわない母ですがこの事だけは父に対しても苦情を言っていたようです。

そんな父に仕込まれたせいで私は二十歳になる頃まで鉛筆を耳にはさむクセがありました(笑)
もちろん、家でしかしませんが。

その姿を母にみつかったら大変。「ばくち打ちみたいな事して!」って良く怒られていました(^^;)


posted by まりんぼ at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 繊維のにおいと共に生きる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月11日

繊維のにおいと共に生きる【第1話】

てくまりんぼ原田奈美子です。

私は生まれた時から繊維の匂いに囲まれて育ちました。そして今も繊維に囲まれています。
こうなったら(笑)一生繊維と共に生きて行く、そんな覚悟が出来てきた今日この頃です。

自分の生い立ちを思い返すと結構面白いので今回書いてみようと思いました(^^)

長くなるのでシリーズでお届けします。ごくタマに(^^;)更新しますので読んで頂けると嬉しいです。

今日は第1話です。

父は今から60年ほど前、長崎から大阪に出て来ました。繊維の町船場で丁稚奉公からスタートしたそうです。

修行を積んだ後、独立。

貯めたお金で家を買い、彼女(後の母)を長崎に迎えに行き、結婚。
自宅の1階で紳士服の縫製卸業を初めました。

私が生まれたのもその頃です。

父は福沢諭吉を尊敬する根っからの商売人。

職人ではありませんのでたくさんの職人さんを住み込みで雇っていました。
作った背広をあちこちの小売店に売りに行くのが父の仕事でした。3輪オートにまたがる父の写真が残っています。

1階が縫製工場、2階が自宅でした。私が小学校に上がる頃までそんな生活だったと思います。
夜中、寝ている職人さん達を踏まないように(^^;)1階のトイレに行った事をなぜか良く憶えています。

紳士服の生地の匂い、ウールは蒸気を当てるとさらに匂いが立ち込めます。

ミシンの音。ザクッ、ザクッと言うハサミの音。

生まれた時から私はその匂いと音に囲まれていたのです。

とても働き者の父ですからやがて商売も大きくなり工場も自宅とは別に持ち、小売業も始めたので大阪市内に店舗も持つようになりました。
その頃になると父の乗り物も3輪オートから軽自動車に変わりました。

『森崎商店』と書いた車の横ででっかいお人形と手をつないで立っている私の写真が残っています。

本当にでっかいんです。80センチは有ったのでは無いでしょうか。
手をつないで歩くとその人形はなんと!一緒に歩くのです。

そのお人形の服は母が縫ってくれていました。

母は長崎で洋裁学校に行っていましたので服を縫うのはお手の物。
子供の服は全部母が縫っていたと思います。

(第2話に続く)
posted by まりんぼ at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 繊維のにおいと共に生きる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。