2012年11月16日

雑誌アンアン

てくまりんぼ原田奈美子です。

女性雑誌アンアンについて思う事を今日は書いてみようと思います。

昔、愛読してました。
どの位昔かと言うと私がデザイン学校に行ってた頃ですのでかれこれ30年ほど前の話です。

あの頃は純粋にオシャレが好きな女性のためのファッション雑誌でした。

『アンアンおしゃれグランプリ』と言うのがあって(今もあるのかな?)決まった場所に読者がおしゃれして集まってカメラマンが写真を撮って、一番おしゃれだと認められた人には何かあげる、みたいな企画だったと記憶しています。入賞まで行かなくても何人かはアンアンに掲載されます。

デザイン学校の学生だった私も参加した事があります。京都だったと思います。

次の号のアンアンにわたくし、掲載されました。今思うととんでもない格好だったと思います。

真っ赤なベースに総柄の半ズボン(←これだけで超派手)に上は黄色ベースにペーズリー柄のブラウス、超面白い形の真っ赤なバッグを持ち、靴はシルバーで先のとんがった形。

こんな格好でアンアンにコメント付きで載りました。

そのコメントがバカっぽい。→→『可愛くなければオシャレとは言えない』

何が言いたかったんでしょうね(笑)もうちょっとマシな事を言えば良かったです。

こんな感じでとにかくアンアンはオシャレ好きの女の子のためのファッション雑誌でした。

最近またアンアンを購入する機会が何度かあり、読んでみるとびっくりな感じです。

ファッションに関する内容はほとんど無く、ちょっとエッチな内容とかタレントのインタビューとか若い子向けの大衆紙みたいな印象を受けました。

かく言う私もなぜ購入したかと言うと大好きな福山雅治さんが出ていたからです。はい、すみません(^^;)

ファッションに関する内容だけでは受け入れられなくなって顧客の需要に合わせて変遷を繰り返して来たのでしょうね〜。

もう一冊、愛読書がありました。『装苑』と言う雑誌です。昔はアンアン以上にファッションに関する事だけ満載の雑誌だったと思います。

装苑賞と言うのがあって何度かチャレンジしましたが、毎回撃沈でした。

装苑賞と言うのは最初、デザイン画で応募、そのあと選ばれた人が実際に作ってモデルに着せて審査。
みたいな感じだったと思います。今もあるのかしら?

装苑賞をもらえたら相当ハクが付いた時代です。

http://fashionjp.net/archive/sch/vol15.html

この辺りの1981年〜84年の表紙は今も覚えているものがあります。

とても懐かしいです。

装苑も変わっちゃいましたね。ファッションを勉強する人のバイブルって感じじゃなくなったのかしら。

アンアンよりはマシかな?

いえいえ、別に批判している訳では無いですよ。時代に合わせて変わって行けたから息の長い雑誌になったのですよね。うん、勉強になります。

雑誌と言うのは時代を映し出すものだから変遷を見ていくと面白いですね。



posted by まりんぼ at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 原田奈美子の思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月18日

居場所はひとつ

てくまりんぼ原田奈美子です。

先日、『福山教』の集会、もとい、福山雅治さんのファンクラブイベントに参加して来ました。

教祖様、もとい、スター雅治さんは相変わらず素敵でした。

福山大明神に商売繁盛(そう、私に取って彼は商売の神様^^)をお祈りしてから横浜スタジアムに入場。

いやー、楽しかったですね。幸せな夢のような時間でした。

これで5年は頑張れる気がします(^^)

この話をさせると何時間でも延々続きますので頭切り替えて、話変えますね(笑)

昔、神戸で働いていた頃、一人暮らしをしていました。

いいですね、ひとり暮らしって。今でも許されるならしてみたいと思いますもの(^^)

ひとり暮らしを謳歌していたのですが、父との約束で週1回は実家に帰っていました。

義務感だけで帰っていましたが、実家に戻って1時間位するともう帰りたくなるんです、ひとり暮らしのアパートに。

ここは私の居場所じゃない、と感じていました。実家なのに、両親が居るのに。

その頃から感じてたのは【人っていつも居場所はひとつなんだな】と言う事。

その頃の私の居場所はひとり暮らしのアパートでした。一番ホっとする場所。
実家に戻ってからは実家が居場所になりました。

色んな場所を『ココとココとココは自分の居場所だ』と思えるほど人間って器用じゃない気がするのです。

この時に思い付いた考えは今も間違ってないと思っています。
居場所と言う意味は自分がそこに溶け込んでいると言う事を感じられるところ、と解釈しています。

この考えは色々応用が効きます。

経営者やってますと必然的に沢山の人に会いますし、色々な集まりがあり所属する事も多くなります。

複数の団体に参加していても今現在の心の居場所はやはり一つです。

ママ友のグループもいくつかありますが、やはり今現在の心の居場所は一つです。

年齢を重ねる毎により自分の気持ちに正直になろうと思うようになりました。少しずつ、人生の整理をして行きたいと思うようになってきました。心が離れた場所に無理に身を置くこともないな〜と思っています。
違和感を感じるなら、その気持ちを大切にしたいです。

経営者として攻めの気持ちで居る時はあえて自分より優れていると思われる方達のいらっしゃる場所、自分にとっては居心地の悪い場所にあえて身を置くことも時には必要だと思いますが、それはそれとして(^^;)

結婚したらお互いがお互いの居場所でありたいですね。←これが言いたかった(笑)






posted by まりんぼ at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 原田奈美子の思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月23日

思春期って大変

てくまりんぼ原田奈美子です。

秋の花嫁様からのご注文を頂く季節になって来ました。

秋に挙式を控えた花嫁様、ぜひお早めにご注文下さいね。

なぜなら8月に入りますと秋の花嫁様のご注文が本格化します。それに伴い、社内が殺気立ってきます(笑)

正直言ってこわいです(爆)少しでもお早めにご注文頂けると大変助かります。勝手な都合で申し訳ございません。

さて。今日のお題は『思春期』について。

年と共に物事を深く考えないようになって来ましたね、わたくし。

たぶん、自分をうまくごまかす技を身につけて来たのだと思うのです。

◎考えても仕方のない事は考えない。(←時間の無駄)

◎さっさとあきらめる。

◎開き直る。

◎都合のいいように解釈する。

◎そもそも起きている問題に気付かない。あるいは気付かないふりをする。

これら5つの技で私はいつもニコニコしていられます(^^)はい、いいのか悪いのかは別です。

小学校高学年〜中学生の頃が一番人生について考えていたと思います。
日記も付けてたし、詩も書いてたし(恥)、深く悩んだりもしていたと思います。

思春期の頃は人生経験が浅い分、うまくごまかしたりが出来ずに持って行き場も無く、
深く傷ついたり悩んだりするんでしょうね〜。

自分の子供達(高校生と中学生)を見ていて、大変だな〜と思います。
色々私にふたりとも話をしてくれます。「青春だね」と思います。

母(私)の方が悩みは少ないと思います。年と共に『アホ化』しています。

これからますます加速する事でしょう(*^^*)

この母と接している子供達がこのアホさ加減に
『ひょっとしたら自分の悩んでいる事が大した悩みじゃないんじゃ無いか』とか
『お母さんと話してると自分の悩みがアホらしく感じて来た』って思ってくれるといいなと思ってます。
posted by まりんぼ at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 原田奈美子の思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月12日

仕事も家庭も○○も(^^)

こんにちは!てくまりんぼ原田奈美子です。

梅雨ですね〜。今日の大阪は雨です。

7月3日の大阪市中央公会堂での撮影会が雨じゃあ無い事を祈ります。照る照る坊主、頑張って作ります。

わたくし、仕事をはじめて28年位になります。ずっとお洋服に関わる仕事です。さらに言うならずっと企画に関わる仕事です。

結婚しても子供が出来てもそれが仕事を中断する理由になるとは思いつかず、そのまま続けています。

はっきり言って関係ない、位の勢いです。

それが出来る環境だから、って言われてしまえばそれまでですが、そう言う環境は自ら作るものだと思いませんか?

たぶん、結婚が決まった時に自分は家庭に入りたいと思ったのなら自分でそう言う環境を無意識のうちに作ったでしょうね。

環境を作る、と言うより『そう思い込む』って言った方がいいかも知れません。

そう思い込んだ結果、そちらの方向に無意識に向かうのでしょうね。

社会の一員として仕事をしている自分も好きだし、妻としての自分も居るし、嫁としての自分も居るし、母としての自分もいます。

他にも色んな自分がいるのだと思います。最近は仕事場と家庭の往復が多いのでもっと色んな事にチャレンジしたいと思ってます。

たとえばもっとピアノがうまくなりたいし、途中でやめちゃった陶芸とかジャワ更紗とかそう言った趣味も再開したいと思っています。昔やってたトロンボーンも友人達とオバサンバンド結成の話が出ています。

歴史の勉強もしたいですね〜。いくらでもやりたい事が出てきます。

その時々で居心地のいい場所は違うのかも知れませんが、どれも本当の自分なんですよね。

posted by まりんぼ at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 原田奈美子の思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月31日

美しい字 美しい人

てくまりんぼ原田奈美子です。

今日は字のお話です。

私のお友達のインターネットショップさんで商品を買った後に送られて来る葉書の字の美しさに感動しました。

当店がいつもドレスのクリーニングをお願いしているクリーニング屋さんも美しい字のお礼状をドレスに添えて下さいます。

字が美しいとそれを書いている方の心まで美しいと感じます。

たぶん、感じるだけではなく実際、美しい心をお持ちなんだと思います。

そこで(笑)私も美しい字を書きたいと思い『ボールペン講座』みたいな本を買って来たのですが、ダメですね。すぐに飽きちゃう(^^;)

こうなったら美しい字はあきらめて、味のある字を書こうと方向転換しました。
味のある字を書いて味のある人になります(^^)

写真は頂いた美しい字のお礼状です。お礼葉書.jpg
posted by まりんぼ at 11:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 原田奈美子の思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月07日

好き!が一番です(^^)

てくまりんぼ原田奈美子です。起業を志す人へ向けて今日はちょっと真面目なお話を。

私は2000年起業、夫は私の1〜2年前に起業しました。

夫婦で別々の会社を立ち上げて今日に至ります。

一応、ふたり共10年越えました(^^)

100年続く企業になれたら素敵だな〜、と思ってますがそれはどうなるか分かりません。100年は分かりませんが10年続く秘訣なら分かる気がします。

これしかないって思ってます。
     ↓
『その仕事が好きである事』

それもちょっと好き、じゃ無くかなり好き。である事。
寝てもさめてもその事を考えていて考えているだけでワクワクしちゃう。

そんな感じですね。

なぜかと言いますと経営して行くとけして楽しい事ばかりじゃ無くって大変な事も多いです。

大変な事だらけって言ってもいいと思います。

そんな中、大好きじゃ無い仕事だったら簡単にあきらめてしまうような気がするんです。

好きだから頑張れるんです。好きな事だから出来る覚悟もあるような気がします。




posted by まりんぼ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 原田奈美子の思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月01日

ディズニーランド考

てくまりんぼ原田奈美子です。

皆様、ゴールデンウィーク、いかがお過ごしでしょうか?

私は前半はお休みを頂いて後半は仕事をする予定です。

と言う訳でGW前半、家族で東京ディズニーリゾートに行って参りました。

行ったのはディズニーシーのみですが前回は10年前。

今回の感想ですが、「うーん」と言った感じです(^^;)

10年前に行った時はもっと夢の国と言う感じだったように思うのですが今回は何となく現実から少しも離れていないな〜と感じてしまいました。

子供が前回は小さかったから子供達の盛り上がりが今回とは違う、と言うのも大きな理由なのかもしれませんがそれ以外にも何かが前とは違うような・・・

微妙な違いを感じている人は他にもたくさんいらっしゃるような気がしています。

キャストひとりひとりのちょっとした心がけの差を、来場する人は敏感に感じてしまうのでは無いでしょうか。

もちろん今も素晴らしい教育をされていると思うので私がどうこう言う事では無いのですが、ただ何となく感じた違和感を書いてみたかっただけです。

行くのは今回が最後でいいかな、と思いました(^^;)

それとびっくりしたのが、主役がミッキーからダッフィに変わった感満載でした。

ダッフィーのぬいぐるみを持っている人だらけでした。
ミッキーを持って歩いている人はついに一人も見かけなかったと思います。

お土産の売り場の面積を占める割合もミッキー1対ダッフィ9位に感じました。

私は最初ダッフィと言うキャラクターは知らずに、みんな持って歩いているあのクマはなんだろ?って
思ったほどの無知さ加減なのですが娘は当たり前に知っていました。

全体の雰囲気、キャストの応対、キャラクターの変貌をみるにつけ、時代が変わったのだと思いました。

何事も昔の印象だけで語ってはいけませんね。

posted by まりんぼ at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 原田奈美子の思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月27日

自然体で行こう!

だんだん年を取ってくると好きな事しかしたくない、と言う気持ちが強くなってきました。

根は我がままなのですが反面、『我慢強い』と言う特性があります、わたくし。

若い頃は嫌な得意先にも頭を下げ、嫌な仕事も仕方が無いと思ってこなして来ましたが、残りの人生の事を考えるようになった昨今、そう言う行き方もそろそろやめた方がいいのかも、と思うようになって来ました。

と言いつつ、若い頃、一緒に仕事をしていた先輩に言わせると
「あなた、昔から超マイペースだったよ。」との事。

自分の事を過大評価していたようです、すみません(^^;)
態度がでかいのは若い頃からだったようです。

でも、自分なりに我慢もしてますよ、人知れず(笑)

だからそう言う部分を少しずつ減らしていけたらな〜と思っています。

無理をしていると必ずどこかにひずみが出るものです。

自然体が一番いいかも、と思っています。

いいカッコしても仕方が無いです(^^)



posted by まりんぼ at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 原田奈美子の思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月26日

男と女

てくまりんぼ原田奈美子です。

昔はそれほど思わなかったのですが、男性と女性の違いってすごーく、すごーくあるんだなと感じる事が多くなってきました。

一例といたしまして(笑)

神経は女性の方が図太いです。男性の方が繊細です。と思います。

女性が相手なら笑い飛ばされておしまい。な事でも男性に同じ事を言うと結構気にされちゃうと言う事があったりします。

昔は男女差と言うより個人差なんだと思っていましたが、まりんぼデーターによりますと個人差より男女差の方が実は大きいんじゃないかって思います。

まだまだ言いたい事はありますが、一度に書くと色々こわいので(^^;)小出しにしますね。うふふ。
posted by まりんぼ at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 原田奈美子の思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月20日

こういう事が本気で嬉しいのです

てくまりんぼ原田奈美子です。

忙しいです。ありがたい事です(^^)

忙しくってバタバタと言うよりドタドタしている日々、お客様からのメッセージですごく癒されます。

ありがとうございます。今日もたくさんメッセージを頂きましたがその中のひとつをご紹介させて頂きます。

(ここから)
ベールとグローブ、本当にイメージ通りで、てく・まりんぼ様にお願いしてよかったと思っています。

ドレスやアクセサリーなどは違うショップで購入したのですが、ここまで丁寧に対応してくださった
のは初めてなので感激しています。

挙式は来月ですが、落ちついたら写真も添付して報告させていただきます。

本当にありがとうございました。
(ここまで)


短いメッセージですが十分にお気持ちが伝わって来ます。

嬉しいです。感謝です。
posted by まりんぼ at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 原田奈美子の思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。