2009年09月17日

てく・まりんぼを選ぶ理由<Vol.4>

ウェディングドレス工房てく・まりんぼ原田奈美子です。

今日は、
てく・まりんぼを選ぶ理由<Vol.4 レンタルドレスとの違い>
をお届けします。

***てく・まりんぼオーダードレスとレンタルドレスの違い****

■着心地が違います■

何人もの着用に耐えれるように、レンタルドレスは作られています。

どちらが良い、と言う事では無く『乱暴に扱ってもビクともしない』『汚れが目立たない』事を重視して作られるレンタルドレスとひとりの女性の事だけを思い作られるオーダードレスとでは自ずと目的が違うのです。

補強が多くなされている分、レンタルドレス自体にかなりの重さがあります。

当店のドレスは無駄な補強は省いて、ふんわりと優しく身にまとう感覚を何より大切にしています。1日中着ていても全く疲れない、ドレスを着たまま走れる、と表現されたお客様もいらっしゃったほどです(^^)

もし機会がありましたら当店のドレスとレンタルショップのドレスを着比べて頂きたいと思います。

着心地の違いにきっと驚かれるはずです。

※ドレスお客様の声はこちらから

■シルエットが違います■

レンタルドレスは不特定多数の方が無難に着こなして頂けるように作られています。
いわゆる『既製品』です。

人の体は百人百様、ひとりとして同じ体型はありません。

たとえデザインが同じものでも、その方に一番似合うラインがあるはずなのです。

てく・まりんぼでは、お客様ごとに一番お似合いになるシルエット、ボリュームをご提案させて頂きます。

※ドレスお客様の声はこちらから

■縫製技術が違います■

てく・まりんぼのオーダードレスは完全日本製。

国内のオートクチュール専門の職人が心を込めて1着ずつ縫い上げて
います。
『メイドインジャパン』の良さをお楽しみ下さい。

※ドレスお客様の声はこちらから

■スタッフが違います■

てく・まりんぼの接客は専門知識・センスすべてにおいて鍛え上げられたドレスデザイナーが直接させて頂いています。

他のお店の店員さんのような販売のプロではありませんが、私達はドレス作りのプロです。お任せ下さい。

※スタッフ紹介はこちらから

 ↑上記ページでご紹介のデザイナーがお客様を直接担当させて頂いております。


今日ご紹介のドレスは【ふんわりバルーンのスウィートドレス】
dm032-01.jpg

セパレートタイプのバルーンスカートのウェディングドレスです。

アイボリーとベージュの優しい色合いと、ふんわりバルーンのシルエットがモンブランを思わせる甘いスウィートドレス。

ふんわりとした甘いデザインにもかかわらず、すっきりと見えるシルエット作りはてく・まりんぼならではの、大人キュートなウェディングドレスです。

ドレスの詳細はこちらから


posted by まりんぼ at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | てく・まりんぼを選ぶ理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。